MENU

赤ちゃんのおしりに血便がつく原因とは

 

赤ちゃんの便の状態は色と形で判断していくのが良いとされていますが、血便が出たからと言って慌てる必要ないとされています。
ただ、あまり問題ない場合と病気の可能性と2種類のことが考えられますので、慎重に考えていくのが良いと言えます。

 

まず、細い糸状の血や転々とした血が便に混じっていたりお知りに付着している場合には、何らかの理由によってアレルギー反応を起こし、粘膜に傷がついたことによる血便かもしれません。

 

また、赤ちゃんの腸の粘膜は大人とは違い刺激によって傷つきやすいので離乳食を始めたことでスムーズに便として排出できずに超粘膜を傷つけてしまったことで出血している可能性があります。

 

2〜3日で落ち着くようであればあまり問題ないと言えますが、それ以上経過しても続くようなら一度医療機関で診てもらうのが良いと言えるでしょう。

どんな病気のケースがあるの?

赤ちゃんのおしりに血便がつく病気として考えられるのは新生児メレナや腫重積、胃・十二指腸潰瘍などが考えられます。
コールタールのようなどす黒い赤い便が出た場合には新生児メレナで、ビタミンK不足によって血液が固まりにくくなり腸内で出血を起こしている可能性が高いです。

 

腫重積は乳幼児に多い病気でイチゴジャムのような便が特徴で腸が腸の中に潜り込むために激しい腹痛が起こり泣いたり嘔吐することも考えられ、放置してしまうと腹膜炎を起こすこともありますので危険だと言えます。

 

胃・十二指腸潰瘍は黒っぽい便が特徴であり薬の服用や胃腸に負担がかかって潰瘍ができている場合や難産で赤ちゃんに大きなストレスがかかった時などに起こりやすいようですので黒っぽい便が続くようなら早めに診てもらうようにしましょう。

便秘由来の痔が原因で血便になる?

赤ちゃんに最も多い血便とは、実は便秘由来で起こるものが多いとされ、赤ちゃんの便秘にはオリゴ糖がおすすめだと言われています。
特に離乳食を始めて便が固くなってきた頃や2、3日うんちが出ていない状態のときにはその硬いうんちを排出するときに校門付近の皮膚を傷つけてしまうことで痔となり、血便が出ることが考えられます。

 

便秘が原因である場合、便に鮮血がつくので判断しやすいかと思われますが、うんちに血が混じるだけでなくおしりを拭いたら真っ赤な血がついたり肛門から血が垂れることもあるようです。
痔になってしまった場合にはなるべく水分補給をこまめに行い食物繊維の多い野菜中心の食事にして、必要ならば医療機関で痔をケアする専用の薬を処方してもらうのも良いかもしれません。