MENU

赤ちゃんが血便をするのは便秘状態が原因?

 

 

赤ちゃんのおむつを替えようとおむつを開けたら血便が出ていて慌てた、という経験を持つお母さんも少なくないのではないでしょうか。

 

赤ちゃんが血便になってしまう原因はいくつか考えられますが、その中でも便秘状態が続いていることが原因となっていることも大きいとされています。

 

赤ちゃんは離乳食が進むと徐々に便が固くなりますが、いきむ力も弱いことから硬くなった便を排出することができずにいると便は水分を失いどんどんと硬くなっていきます。

 

そのために、直腸付近に出し切れない便が溜まって一気にいきむと、硬い便が肛門付近の柔らかい皮膚を傷つけてることで出血し、便に赤い血が付くことがあるのです。

 

赤ちゃんが血便をする理由で最も多いのは便秘によって便が固くなり無理にいきむことで切れ痔となってしまうことですが、それ以外にも新生児メレナ腫重積、胃や十二指腸潰瘍などの病気が原因で便に血が混じる可能性もありので注意が必要です。

 

便秘対策としては、水分補給をこまめに心がけて食物繊維の多い野菜中心の離乳食にしてあげることで改善することもできます。
また、あまりにひどい場合には浣腸をして便の排出を促し、切れ痔の場合には医療機関で専用の塗り薬などを処方してもらうようにしましょう。